スマホの電池の減りが早い

■スマホの電池の減りが早い原因例

【原因】電池の経年劣化
スマートフォンの種類によって違いがありますが、購入後2年経っていれば電池の減りが早くなる可能性大です。
電池の減りが、購入時より半分程度になっていると感じれば電池交換のタイミングかもしれません。
また、負荷のかかるアプリじゃないのに本体が熱くなるのも電池の経年劣化が原因です。

【原因】アプリを常時起動している
使い終わったアプリを別のアプリに切り替えて終了したつもりでも、バックグラウンドでは起動したままになっていることがあります。アプリは、こまめに終了する癖をつけることをおすすめします。


■電池の減りを改善する方法

【対策】充電を使い切ってから充電する。
外出先で電池切れになる心配がありますが、モバイルバッテリーを活用しています。

【対策】画面の照度と照明時間の設定
電池をかなり消費するのが、液晶画面です。スリープになる時間を短縮したり、画面の明るさを可能な限りさげてみましょう。

【対策】Wi-Fi、Bluetoothの設定
Wi-FiやBluetoothを使わない時はOFFにしましょう。接続先を探すときに電池を消費してしまうからです。

【対策】不要アプリのアンインストール
使わないアプリが勝手に電池を消費しているかもしれません。不要アプリは、アンインストールしましょう。

他にも、位置情報を使用しない、アプリのバックグラウンド更新をしないなどの対策がありますが、簡単にできる上記方法は、すぐに試してみてください。

EFLaboの
サービス一覧
エフラボ|定額制ホームページ
エフラボ|名刺・広報誌製作
エフラボ|動画編集
メニュー